【呉春】本丸 本醸造 1.8L

フーテンどんぐり

大阪の酒【呉春】が手に入りました。しかも1升瓶です。ありがたい。(呉春は1升瓶だけしか販売していないらしいです。)




呉春は夏にハイキング目的で行った池田市の五月山に行く途中でたまたま発見した酒蔵だったのですが、地元では有名な酒蔵らしいですね。

こちらがその時に撮った蔵元です。

DSCF2071.jpg

なかなか渋い外観でした。酒蔵見学や小売りはしてなかったのでその時は味わうことも買うこともできませんでした。

DSCF2070.jpg



と言うことで今回が初呉春です。

呉春には、呉春 池田酒(普通酒)、呉春 本丸(本醸造酒)、呉春 特吟大吟醸酒)と大吟醸の4種類があるそうですがこれは本丸(本醸造酒)です。

1_20191202120404f2a.jpg




2_20191202120405ad4.jpg




3_20191202120407d60.jpg




4_20191202120408cda.jpg


瓶キャップ

5_20191202120409923.jpg






クラス分類:本醸造酒
原料米(酒母・麹)=朝日、(掛米)=アケボノ、八反錦
精米歩合:65%
日本酒度:+-0
酸度:1.3
ALC度:15.0~16.0%
使用酵母:協会7号、9号





【呉春】本丸 本醸造を飲んだ感想~

常温で一口目、甘さが口に広がります。もちろんこの甘さは糖類独特のものではなくて、何かのフルーツに似ているような自然の甘さです。鼻に抜けるアルコール臭は少し感じますが、気にならない程度です。

口の中の酒を飲み干すと甘さはすっと引いてゆきます。口の中から鼻に通る残香は日本酒臭が少し残ります。

2,3口目、酒が舌に当たる時に感じるのはやはり甘さです。フルーティというか、何かの果物のような香りですね。梨っぽい感じかな?

つまみとともに飲むと、若干甘いかな。それは悪い意味ではなく、酒の持つ梨っぽい甘さがつまみによって少なくなってしまうのがもったいないような意味です。

繊細・淡白な料理よりは肉とか味付けの濃い料理のほうが合うかな~。個人的にはそう思います。

まあ、どちらかと言うと日本酒の味を楽しみながら飲みたい酒かな。

本醸造でこのレベルの呉春。気に入りました。(`・ω・´)ゞ

他のグレードも呑んでみたいですね~。


関連記事

ブログランキング・にほんブログ村へ
Posted byフーテンどんぐり
呉春

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply