【セミリタイア】「能書き」よりも「実行できるか?」が重要!最後はやはり実行力。

フーテンどんぐり

どこの世界でも同じかと思いますが、能書きばかりたれて実行できない人というのはいけませんね。

口八丁」なんて言葉がありますが、口ばっかりの輩はおのずと信用を失うものです。

もっとも「口八丁手八丁」というのもたまにいまして、これがもっとも厄介と言うか、口もうまいしやることもうまいという、常人からするととてもメンドクサイ存在でしかありえないわけです。



いずれにして世間には口ばかりという輩も多いのは御承知の通りですが、そんな輩のことはほっといて常人である私たちは「実行すること」に重きを置いたほうが良いかと思います。

やるならやれ!やらぬなら口に出すな!

これが最も賢い常人の生き方かと私は思っています。もちろん、口のうまい輩は一刻はいい思いをすることもあるとは思いますが、一生を考えるのならそれが長続きするとは思えず、口八丁が人生の得策とは考えられないと私は信じているのです。



とはいえ、とかく世間では「言ったことを確実に実行できる人」というのは少ないですね。

私なんぞは普段から口八丁のヤツよりも地味でも「言ったことを実行できる人」を応援したくなるタチなので、常に「人の評価」はそこで決まっています。(例えば時間を守ることもそうだし、約束を守るのもそう。)

いくら口がうまくて女にもてても、言ったことを実行でないのならバッサリとその付き合いは切り捨てる。

そのような人付き合いで生きてきました。まあ、それゆえに人付き合いもほとんどないのですけどね。(;´・ω・)


でも私はこの生き方に満足しています。

「言ったこと(思ったこと)を実行した」からこそ、こうやって無職でいられるわけですしね。

もちろん、「言ったことを実行する」にはその準備と計画が重要になるのは当然のことですが、土壇場になって恐怖が芽生えて計画を実行できない人も多いのです。

こういう人はどんなに頑張って計画してもやっぱり最後には怖くなってやめてしまうのですよね。


でもそれはその人の人生なので仕方がありません。

それがいいか悪いかの問題ではなくて「人生観」に基づく思想ですからそれぞれ違ってもいいのです。



そういう意味からも「口八丁の生き方」もその人の選択した人生だし、「思ったことを実行できない人生」もその人の選択した人生です。


ただ、「能書きを垂れておいて、実際に実行できる段階になってから怖くなって実行できない人と言うのはすごくカッコ悪いよね」とは私は思いますけどね。

まあ、その人の人生なので他人にカッコ悪いと言われてもへのかっぱで生きてもらいたいとは思いますけどね。



関連記事

ブログランキング・にほんブログ村へ
Posted byフーテンどんぐり

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply